読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目の下のしわ・たるみ・クマは美容整形した方がいいの?

目の下のしわやたるみ、クマの美容整形についてまとめました。本格的な手術から簡単なプチ整形まで、気になる手術費用や術後の経費はどのくらい掛るのか?また美容 整形に失敗は無いのか?またコスメを使ったセルフケアと比較した場合の効果についてもご紹介しています。

目の下のたるみとクマを一気に解消できるハムラ法とは?

目の下を整形する方法について

目の下のたるみとクマを一気に解消する施術でハムラ法という方法があります。

 

目の下にぷっくりとした膨らみができている場合、この脂肪分を除去するのではなく、下にあるクマの部分に移動させる手法なのです!
凸凹した目の下が一度の施術で一気にフラットな感じに生まれ変わるんですね!

 

面白い名前ですが、これはこの手術を開発したドクターの名前から付けられたんだそうですよ(^^)

 

     f:id:oyakudachinomori:20160709170331j:plain

 

目の下のたるみが大きくて、それによってくぼんだ部分が影になってクマまでできている。
そんな方が一度の施術でキレイな目の下を手に入れられる!という画期的な方法です。

 

自分の脂肪を移動させるので、異物を入れる心配がないのが嬉しいですね。

下まぶたぎりぎりのところを切開する方法と、皮膚の表面を切開しないで下まぶたの内側を切開する方法もあるので傷が残る心配もありませんよ。

 

施術方法については、各クリニックで確認してみてくださいね!

 

ハムラ法のメリットとデメリットは?リスクは無いの?

自分自身の脂肪を移動させるので、ヒアルロン酸注入などの施術とは違い、成分が体内に吸収されてしまう心配がありません。
ですから効果は半永久的です。

異物を注入するわけではないので、アレルギーを引き起こす心配もありません。

 

皮膚の表面から切開する場合は、下まつげの生え際からになります。
この場合は多少の傷跡が残ったり、目の印象が変わる可能性があります。

 

ハムラ法は高度な技術を要する施術ですので、経験値の高いドクターを選ぶことをオススメします。

また表面から切開しても、下まぶたの内側から切開しても、1~2週間程度のダウンタイムが発生します。

 

      f:id:oyakudachinomori:20160709170339j:plain

 

一番のリスクは仕上がりの満足度です。
皮膚を切除し過ぎてしまうと、黒目の下の白目が見える状態になってしまうことがあります。


左右の目の印象が非対称にならないよう、しっかりとした技術を持ったドクターにお願いしましょう。

仕上がりにこだわりのある方は、事前に納得のいくまでカウンセリングを受けてくださいね。


ちなみに、目の下のたるみとクマが解消しても、ちりめんじわなどの細かいしわは解消できないことがあります。

 

非常に画期的な手法であることは間違いありませんし、実際に施術を体験されている方も大勢いらっしゃいます。
クリニックとドクターの選定だけは、時間をかけてしっかりと行いましょう!

 

評判の悪いクリニックはネットで調べればすぐに分かりますので、掲示板などを参考にしてみてくださいね。

 

何度でも無料でカウンセリングを受けられるクリニックはコチラ♪

【五本木クリニック】