目の下のしわ・たるみ・クマは美容整形した方がいいの?

目の下のしわやたるみ、クマの美容整形についてまとめました。本格的な手術から簡単なプチ整形まで、気になる手術費用や術後の経費はどのくらい掛るのか?また美容 整形に失敗は無いのか?またコスメを使ったセルフケアと比較した場合の効果についてもご紹介しています。

整形の失敗例!目の下にヒアルロン酸を打ち過ぎるとどうなるの?

目の下のしわやクマの改善に効果が高いと言われるヒアルロン酸注入ですが、残念ながら一回で一生モノの効果は得られません。


注入後、時間の経過と共にその成分が人体に取り込まれていってしまうので、いずれは元に戻ってしまうんですね。

ですから定期的に打ち続け慣れれば永続的な効果は望めないのです。


減ってしまうならたくさん打ったらいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、ヒアルロン酸を打ち過ぎてしまうとどうなるんでしょうか?

 

          f:id:oyakudachinomori:20160711095948j:plain

また日本人は自然な仕上がりを好むことから、施術後他人からはその変化に気付かれないことが多いんだそうです。
韓国などでは流行の顔に変えることを好むので、術後は明らかに顔が変わったりします。

 

日本人は敢えて全部のしわを消さないような施術を好むのだそうですが、折角ならしわは無くした方がいいのではないでしょうか?


今回はヒアルロン酸注入を体験した方の口コミ情報から、打ち過ぎた失敗例について考察してみました。

 

目の下にヒアルロン酸を打ち過ぎた結果は?

目の下のクマを隠そうとしたり、しわをキレイに伸ばそうとしてヒアルロン酸を打ち過ぎると、まず目元に不自然なボリュームが出るんだそうです。


量が多過ぎると逆にキレイに仕上がらないんですね☆

 

もちろん、使用するヒアルロン酸の種類が適切か?注入する位置は正確か?など技術面での問題も関係しますが、打ち過ぎてしまうと肌質も悪くなります。
ヒアルロン酸を注入した部位が青っぽい水を含んだような感じになるんだとか。

 

でもヒアルロン酸って、時間の経過と共に吸収されて無くなってしまうんですよね?
だったらしばらく我慢すれば元通りになるのでは?
…と思うかもしれませんが、場合によってはこの状態が10年以上も続いてしまうかもしれないんです☆

 

       f:id:oyakudachinomori:20160711095029j:plain

 

こうなると一旦、注入したヒアルロン酸を溶かして再度正しい分量を入れなおす必要があります。
「余分な分量だけ溶かして出す訳にはいかないの?」と言いたいところですが、それではキレイな仕上がりにはならないんだそうです。

 

やはり入れたヒアルロン酸がもったいなくて再利用したいと言う患者さんは多いらしいですよ。

 

欲張って一度にたくさんの量を打ち過ぎてしまうと、かえって大変なことになってしまうんですね!
費用も逆に高くついてしまいます。

 

ヒアルロン酸の打ち過ぎはドクターの失敗なの?

海外でヒアルロン酸注入を受ける場合、患者さんがたくさん注入してほしい!と希望すれば、打ってしまうドクターもいるようです。
また外国人と日本人の整形後のイメージにズレが起きやすいことから、ヒアルロン酸を打ち過ぎてしまうことは多いようですね。

 

これは一概にドクターの失敗とは言えないでしょう。

 

   f:id:oyakudachinomori:20160711095022j:plain


患者さんの希望を叶えたという意味では、不自然な仕上がりでも文句は言いにくいですね。

自分が何に悩んでいて、どういう風になりたいのか、そのしっかりしたビジョンをドクターに伝える必要があります。


そういった意味でも日本人のドクターの方が意志が伝わりやすいかと思います。

最近は自然な若返りを望む患者さんが多いことから、敢えてしわを全部消さなかったり、さりげない整形が流行っているんだそうです。


そういった微妙なニュアンスをドクターに伝えるためにも、カウンセリングはお互いが納得がいくまで何回でも受けられるクリニックを探した方がよいでしょう。

 

もちろん、技術不足でヒアルロン酸を打ち過ぎてしまうようなドクターは論外ですので、その辺はネットの掲示板などで信頼のできるドクターであるか?自分でしっ
かり調べることをオススメします!

 

何度でも無料でカウンセリングを受けられるクリニックはコチラ♪

【五本木クリニック】