読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目の下のしわ・たるみ・クマは美容整形した方がいいの?

目の下のしわやたるみ、クマの美容整形についてまとめました。本格的な手術から簡単なプチ整形まで、気になる手術費用や術後の経費はどのくらい掛るのか?また美容 整形に失敗は無いのか?またコスメを使ったセルフケアと比較した場合の効果についてもご紹介しています。

目の下のしわ・たるみ・クマを取り除く脱脂術の効果は高いの?

目の下を整形する効果について

年と共に目の下にたるみが出てきて、その部分が影となりクマもできてしまう…。
眼窩脂肪が垂れ下がってくるといわゆる「たるみ」になってしまうんですね。

 

      f:id:oyakudachinomori:20160720200443j:plain

 

その垂れ下がったたるみ部分の脂肪を除去する方法で有名なのが「脱脂術」です。

 

脱脂術にはまつ毛の生え際を切開して脂肪を抽出する方法と「切らない脱脂術」と呼ばれる方法があります。
「切らない脱脂術」は正式名を「経結膜脱脂法」と言います。

 

これは下まぶたの内側を高周波レーザーメスで切開、もしくは小さな穴を開けて、脂肪を押し出す施術です。
肌の表面を傷つけることなく、目の下のたるみを解消することが可能です。

 

目の下の脂肪を確実に取り除くことができる方法の1つです。
ですから効果は実感しやすいと思います。

 

脱脂術と経結膜脱脂法はどちらが効果が高いの?

どちらも目の下の脂肪を除去してたるみやクマなどを解消する施術です。
一度施術を受けると、その効果は半永久的に持続すると言われています。


当然、切らない脱脂術である経結膜脱脂法は、表面にキズが残らないというメリットがあります。

同じ内容の施術ならば、傷が残らない方がよいのではないでしょうか?


もちろん、脱脂術も目立たない所を切開しますので、技術力の高いドクターの執刀であれば問題はありません。

どちらの方法を選ぶにしても、一番の問題はドクターの腕とセンスです。

 

      f:id:oyakudachinomori:20160720200449j:plain


脱脂術は脂肪を除去しますので、人によっては目の下が凹んだ感じになってしまうことがあります。

また脂肪を取ったことにより、皮膚がたるんでちりめんじわが目立ってしまうことも。


これは個人によって状況がことなりますので、必ずしも凹むとかしわになるというものではありません。
でも、そういったリスクもありますので、想定できる事態はカウンセリングで確認しておきましょう。

 

場合によっては注入系の施術を一緒に受けるという手段もあります。
脱脂術の相場は20~40万円前後と言われていますが、30~40万円の費用で注入系の施術とセットにしているクリニックもあります。

 

      f:id:oyakudachinomori:20160720200719j:plain

 

できれば脱脂術と注入系の施術を療法やってくれるクリニックを選ぶといいでしょう。

今は注入系だけで、目の下のしわやたるみを改善するというプチ整形もありますが、残念ながら効果が半永久的に持続する方法はありません。
まだまだ切開する施術の方が効果が高いんですね。

 

とは言っても脱脂術も失敗のリスクが無いわけではありません。
眼窩脂肪を取り過ぎてしまったり、左右の目の下が対照的にならなかったりと問題はあります。

 

失敗の例はどれもドクターの経験不足によるものが多いように思います。
整形においてはドクターのセンスも大きく影響しますので、事前にクリニックの情報はよく調べ、カウンセリングも納得がいくまで受けましょう。

 

後から「ドクターが強く勧めたから」と言っても、それを承諾してしまったあなたにも責任はあります。
折角、綺麗になるために整形するのですから、自分の希望をしっかりと聞いてくれるドクターにお願いしましょう!

 

 

何度でも無料でカウンセリングを受けられるクリニックはコチラ♪

【五本木クリニック】